スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
韓流サロンVOL.29 告知
VOL.29『クワイエット・ファミリー』
1998年/カラー/103分
監督・脚本:キム・ジウン
キャスト:パク・イナン、ナ・ムニ、ソン・ガンホ、チェ・ミンシク、コ・ホギョン、イ・ユンソン
quiet.jpg


■解説
 本国では「コミック残酷劇」とのキャッチフレーズが付けられたコミカル・ホラー。人里離れた山荘で怪奇連続殺人事件に巻き込まれる家族が主人公。演劇畑出身のキム・ジウン監督デビュー作
 個性派俳優ソン・ガンホとチェ・ミンシクが1997年の『ナンバー・スリー』に続いて共演。末娘役のコ・ホギョンはこの映画でデビュー。
 いわゆるスターを起用せず、個性派俳優ばかりを揃えている(製作当時の話)。ソン・ガンホのコミカルかつ個性的な演技は、パク・チュンフンを超えるとの声も。また、コミカルなホラー映画という今までの韓国映画にはなかったジャンルであるのも特徴。劇中次から次へと人が死んでいき、恐い。しかし、笑わない訳にはいかない。他人の不幸ってなんて愉快なの(笑)。韓国版『アダムス・ファミリー』といった趣。


■ストーリー
 商売など一度もしたことがないカン一家は,父(パク・インファン)が整理解雇されたために,ソウルからそんなに遠くない閑静な所でアンゲ山荘(霧山荘)を運営するようになる。
 さて,開業をして何日かが過ぎてもお客さんが全くないので, 家族らは,気が気でない。末娘のミナ(コ・ホギョン)は,山荘の近くで会ったおかしな老婆の不吉な話に心が落ち着かない。
 2週間たって,やっと山荘に孤独な男(キ・ジュボン)が初めての客として訪ねてくる。家族らは,興奮した余りハプニングに近い親切攻勢を繰広げるが,翌日,客は,鍵が胸に刺さった死体で発見される。カン夫婦は,客の財布がなくなってるので,非行歴のある長男ヨンミン(ソン・ガンホ)がやったと考えて死体をこっそり山に埋葬する。
 そして,2番目にやってきた男女のカップルもまた薬を飲んで心中してしまい,家族たちは,商売に支障が出ることが恐ろしくて死体を埋める。


■日時・場所
 2月25日(日)18:00開始
 参加費 NO CHARGE!(フードとドリンクは別料金)
 注:国料理を食べる御方はお店に電話予約をお願い致します。

 場所:兵庫県神戸市中央区中山手通 1-23-10
 モンシャトーコトブキB1F
【2007/02/04 23:22 】 | 韓流サロン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<『むち打たれる者 ドキュメント輪廻』『オープンスペースを求めて』『阿呆船 さかしまの巡礼』 | ホーム | 『僕は妹に恋をする』雑感>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。