スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『サンシャイン2057』
sunshine.jpg 凶暴だ。凶暴な映画だ。『サンシャイン2057』にあって太陽というものは、途方も無く凶暴極まりない装置であり、あらゆるものを無へ消滅せしめる。なにしろ宇宙船の角度が変わって陽が当たった途端、人間は粉々に燃え尽き、植物は焼かれ、その存在がかき消されてしまうのだ。こうも絶対的なモノに出くわすと神の存在を信じたくなるのも無理は無い。
 と同時に人間のちっぽけさがやるせなく思えてくる。船外に投げ出された男の辿った運命を見よ。-275℃で瞬間冷凍された彼の身体はアンテナか何かに当たって、バリン!と砕けた後、太陽の陽にさらされて、ボッ!と瞬時に燃え尽きてしまうのである。このボッ!が怖い。彼の身体はどこに消えてしまったのか、彼の魂はどこにいってしまったのか。問答無用の圧倒さで、何もかも雲散霧消だ。
 ハリウッド映画の『ザ・コア』も地球を救う乗組員の話であり、任務の遂行のために身を殉ずるヒロイズムが映画全体にまとわりついていた。それに対して『サンシャイン2057』の非情ぶりは際立っている。乗組員は皆、任務遂行のために死ぬ覚悟が最初から出来上がってしまっている。宇宙船の進路を計算ミスしたら自殺をせにゃならんのだ。失敗は即、死を意味する。到着地点までの酸素をかせぐのに、仲間を殺害することも避けられない事態なのだ。この極端な設定が映画を盛り上げる。
 作品全体の凄さもさることながら、ひとつひとつのカットの連結といいカメラ位置といい、何やら普通の映画とは趣向が違うような気もしたが、どうも良く分からず。いきなり1号機の乗組員の顔写真がインサートされたり、眼球が大写しになったりするのは狙いなのだろうから、あまり感動はしなかったが。
 ラストで1号機の元船長が乗組員に襲いかかるのだが、この元船長さんと生き残った乗組員とのバトルも素晴らしい。でもよく考えたら、この怪人は肌がただれているだけの普通のおじさんなのだが、徹底して被害者の目線で撮られているので、ちゃんと人間を超えた存在に見える。
 それにしても、こんな映画を撮ったというダニー・ボイルというイギリス人は一体全体何を考えているのか。プロデューサーや20世紀FOXの上層部がダニー・ボイル組のやることを止めなかったことが素晴らしい、とさえ思えてくる。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

【2007/04/30 11:46 】 | ヨーロッパ映画 | コメント(0) | トラックバック(10) | page top↑
<<『ナショナルアンセム』再見 | ホーム | 『弓』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
サンシャイン 2057
ダニー・ボイル監督の『28日後・・・』も、アレックス・ガーランド脚本の『ザ・ビーチ』もイマイチ苦手なんだけど、[絶対絶命の危機]とか[究極のミッション]とかは大好きなので、両者のコラボレーションの本作を鑑賞してみた。【story】もしも太陽が死滅したら・・・。 ★YUKAの気ままな有閑日記★【2007/05/01 12:46】
★「サンシャイン 2057」
←今年通算70本目。SFものは大画面で見なくちゃ・・って事で、今週の週末ナイトショウは、この作品。主演は、最近よく見るキリアン・マーフィー。共演に、真田広之、ミッシェル・ヨーなど。 ひらりん的映画ブログ【2007/05/01 14:55】
サンシャイン 2057 (Sunshine)
監督 ダニー・ボイル 主演 キリアン・マーフィ 2007年 イギリス映画 108分 SF 採点★★★ 前にも書いたんですが、幾つになっても夏が来れば「海だぁ!山だぁ!」と大ハシャギの私。夏、大好きです。ところが夏の方はそう思っていないようで、蚊に刺されれば蚊刺過敏症の Subterranean サブタレイニアン【2007/05/01 20:10】
サンシャイン 2057/キリアン・マーフィ、真田広之
私の隣でチケットを買っていたサラリーマン風のオジサン。仕事の合間の時間潰しって感じでしたけどカウンターで受付の女性に尋ねました。オジサン「サンシャイン2057って洋画だよね?」すると受付の女性は女性「いえ、日本のです」・・・たった今そのチケットを.... カノンな日々【2007/05/01 21:54】
映画 【サンシャイン 2057】
映画館にて「サンシャイン2057」ダニー・ボイル監督の最新作はSF。50年後の近未来、太陽の消滅により地球も滅亡の危機に晒されていた。人類最後の望みを託された8人のクルーが、マンハッタン島大の核弾頭を投下する為に宇宙船イカロス2号で太陽に向かう。おもむろに太陽の恵 ミチの雑記帳【2007/05/01 22:26】
サンシャイン2057
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ジャンル不定のまぶしい映画  カリスマ映画論【2007/05/02 05:03】
サンシャイン2057
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ ジャンル不定のまぶしい映画  カリスマ映画論【2007/05/02 05:03】
サンシャイン2057
かなりマニアック。ディープなSFファンしか受け入れられないんじゃないかな。サーチライトの作品とは思えないよ。でも評価は低いけど、満足度は高いのは個人的趣味なので(笑) 八ちゃんの日常空間【2007/05/02 08:35】
サンシャイン2057
太陽滅亡まであと僅か。ミッションを遂行する人間たちが遭遇したものは・・・ 悠雅的生活【2007/05/02 16:57】
サンシャイン2057
太陽に近づくことは、神に近づくこと!。そこにこのSF映画の醍醐味がある。西暦2057年。地球上ではあらゆるものが凍てつき、人類は滅亡の危機に瀕していた。地球に熱を供給する太陽の活動が衰え、死滅しようとしているのだ。人類に残された最後の希望は、宇宙船“イカ... パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ【2007/05/06 02:59】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。