スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『それでもボクはやってない』
soredemo.jpg パロディアス・ユニティ周辺の作品では、黒沢清、高橋洋、塩田明彦、青山真治にもっぱら僕の興味は集中してきており、周防正行監督の映画はちゃんと観てこなかった。傑作とも聞く『シコ踏んじゃった』すら観ていない。『変態家族 兄貴の嫁さん』も未見。ウェルメイドな映画を撮る監督さんなのかな、程度の認識でしかなかったので、あまり多くは語れない。
 小津安二郎の影響を受けている聞いたような気もする。TVで放映される『Shall We Dance』を見たことがある。無人ショットが多く出てくるので、なるほどこれはピローショットだ、などと一人合点しておりました。ストーリー運びが良質なアメリカ映画的にも似ているかな、などとも勝手に思っておりました。
 そんなわけで周防映画を劇場で鑑賞するのは初めてだったが、『それでもボクはやってない』は迫り来るリアリズムの連打の凄い映画だった。もはや蓮實的なものは画面のどこを見ても写っておらず、映画マニア的な感傷に浸る余裕は残されていない。
 逮捕、訴訟、裁判へと至る過程が緻密なセットや小道具で描写される。
 とはいえ役者陣は馴染みの顔ぶれが揃っているのでドキュメンタリー的な感覚はしない。おそらく周防正行の狙いは、痴漢冤罪事件の解釈でもなく再現でもなく、もう一度、冤罪事件の裁判を観客の目の前で起こすことにある。勇気が要り、かつ恐ろしい企てだ。
 法廷場面での被害者女子学生と加瀬亮をひとつのフレーム内に収めきってしまう驚愕のショット、再現VTR撮影中での加瀬亮の肘がガラスに”ゴツン”と当たる音声描写。小津的でもアメリカ映画的でもないが、周防監督の鋭い映画演出は存分に発揮されていることも見逃してはならない。

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2007/02/18 23:56 】 | 日本映画 | コメント(0) | トラックバック(9) | page top↑
<<映画狂宴Vol.6 お知らせ | ホーム | エキストラ出演して筋肉痛>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
それでもボクはやってない/加瀬亮、瀬戸朝香
前評判は耳にしていたし、私自身も今月公開される中では一番期待していたのがこの作品だったのですが・・・コレはスゴイッ!初日にコレをチョイスして正解でした。実は「マリー・アントワネット」とちょっと悩んだ、ちょっと(笑)。周防正行監督の11年ぶりの最新作、実際に裁 カノンな日々【2007/04/11 00:16】
「それでもボクはやってない」試写会レビュー 運命
すごいリアルに作りこまれた映画やとは思うけど、やっぱり邦画バブルの中ではその魅力はだいぶ、、、。 長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ【2007/04/11 22:35】
それでもボクはやってない
これが、日本の、裁判。 悠雅的生活【2007/04/15 17:38】
「それでもボクはやってない」有罪ありきの現実に立ち向かった冤罪被害者と支援者たちの過酷な闘い
「それでもボクはやってない」は痴漢と間違えられたフリーターの青年が無罪を訴えて裁判と闘うストーリーである。周防正行監督11年ぶりの作品として現在の裁判の現実と問題点を忠実に描かれた作品として注目だ! オールマイティにコメンテート【2007/04/15 18:13】
映画 【それでもボクはやってない】
映画館にて「それでもボクはやってない」11年ぶりの周防正行監督作品。いつも周防監督の扱う題材は新鮮で、「こんな世界があるのね」ということをエンタメ性たっぷりに描いてくれる。今回も馴染みの無い裁判の世界を面白おかしく描いてくれるのだと想像していたら、これが今 ミチの雑記帳【2007/04/15 22:20】
それでもボクはやってない
主文、評価は満点とす。日本の裁判制度の矛盾点と冤罪事件で被疑者とされた者と弁護士による国家権力に抗う姿、それによって正しき主張をも蔑ろにしてしまう社会の醜さをも描いた本作は大いに評価できるものである。 ネタバレ映画館【2007/04/16 01:18】
それでもボクはやってない
これを観た男性諸氏は満員電車に乗るとき両手を上げていたくなる・・・にちがいない!観たかった!待っていた!周防監督の最新作♪しかもテーマが「裁判」これね、劇場予告とかCMとか観てる限りでは、コメディー風味なのかしら、な~んて気軽に思ってたけどとーんでもない UkiUkiれいんぼーデイ【2007/04/16 08:51】
それでもボクはやっていない
それでもボクはやっていない上映時間 2時間23分監督 周防正行出演 加瀬亮 瀬戸朝香 山本耕史 もたいまさこ 役所広司評価 7点(10点満点)会場 東商ホール(試写会)簡単(テキトー)あらすじ電車の中で痴漢に間違えられ、それからなんだかんだでラ.... メルブロ【2007/04/17 23:19】
それでもボクはやってない
 映画史に残る大傑作『Shall We ダンス?』後、さっぱり映画を作らなくなった周防正行ということで大きな期待の反面、これだけ映画から遠ざかっていては映画作り シネクリシェ【2007/04/25 05:55】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。