スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
2005年洋画ベストテン
land1.jpg 2005年は『ランド・オブ・プレンティ』『世界』『アワーミュージック』『ミリオンダラー・ベイビー』が突出していたように思いました。アンゲロプロスの『エレニの旅』を見逃したのが痛恨の限りです。
 それと今年は特に中国映画を多く見逃してしまったので悔いが残ります。
 韓国映画では『ライターをつけろ』『地球を守れ!』を気にっています。『ザ・インタープリター』『セルラー』などアメリカ製のアクション映画も気に入っています。

  1.『ランド・オブ・プレンティ』(ヴィム・ヴェンダース)
  2.『世界』(ジャ・ジャンクー)
  3.『アワーミュージック』(J・L・ゴダール)
  4.『ミリオンダラー・ベイビー』(C・イーストウッド)
  5.『クローサー』(マイク・ニコルズ)
  6.『受取人不明』(キム・ギドク)
  7.『Be Cool』(F・ゲイリー・グレイ)
  8.『宇宙戦争』(S・スピルバーグ)
  9.『復讐者に憐れみを』(パク・チャヌク)
 10.『チャーリーとチョコレート工場』(ティム・バートン)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2006/02/09 21:59 】 | 私的ベストテン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<引越し完了 | ホーム | 2005年邦画ベストテン>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。