スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
路線バスとアロハの町、那覇市
 先週、ちょっと沖縄の那覇市に行ってきて、かなりテンションが上がりました。
 なんだろうね、”脱日本”みたいな開放感があるからかね。
 町は夜と昼でまったく街の様相が異なる。昼間は国際通りの店のシャッターは全て降ろされていて閑散としたものだが、夜になると一転、人がわらわらと集まってきてお祭りみたくにぎやかになる。こういう雰囲気好き。
 以下、いろいろ気付いたことを書きます。

モノレール
 沖縄には市電や地下鉄がないので、町にはひっきりなしに路線バスが走り回っている。モノレールがあるにはあるのだが、中心部しか走っていないので、車なしには生活しにくいかも。
アロハ王国
 町中アロハシャツを着た人間が歩いている。接客業の人もアロハだ。とりわけ路線バスの運転手さんとモノレールの駅員さんはアロハシャツが正装だ。
自販機
 自動販売機の数が多く、町の目の付くところにある。しかも値段は¥110円だ。やっぱり沖縄の人は喉が渇きやすいのだろうか
沖縄限定商法
 恐るべし「沖縄限定商法」。沖縄限定のベビースター、沖縄限定のラ王、沖縄限定のハイチュウ、沖縄限定のキティちゃん(キティちゃんがシーサーのかぶりモノをしているんです)。こうも沖縄限定商品があると、思わず買って、本州の人間に「沖縄でしか手に入らないんだよ」と見せたくなるものなのだろう。

今回は国際通りをぶらぶらして帰ってきましたが、またもう一回行きたくなりました。今度行く時は、ひめゆりの塔や平和記念公園に行きたいものだ。

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

【2006/09/18 20:51 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<『オー!スジョン』その1 | ホーム | ミヒャエル・ハネケ映画祭>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。