スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『キック・アス』
ヒットガールの女の子は殺意を発散している
hg.jpg『キック・アス』を神戸での初日に観るべくOSミント神戸の20時20分の回に観に行ったら、お客さんが80人近く詰めかけていました。いつもはレイトショーは5、6人しか人がいないのに。口コミの力って、やっぱあるんだね。
『キック・アス』を観ていて泣いてしまった。夕日のガンマンのメロディが流れて、ドアのガラスの向こう越しに、学生服姿の女の子が見える。それだけで十分に泣ける。待ち受ける敵陣に単身殴り込み、という映画の王道パターンをラストにもってくるのは、やっぱり観ていて燃えてくる展開です。
 11歳の女の子が大の男どもをバッタバッタとなぎ倒す。そりゃ面白いに決まっているでしょ、盛り上がるに決まってるでしょ。反則じゃないですか。
 風がピューっと吹いてヒットガールの紫色の髪を舞いあげる。「I'm Hit Girl.」・・・かっこ良過ぎです。

『キック・アス』を観たら『キル・ビル』が弛緩して観えるかも。あのユマ・サーマンのアクションがね。タランティーノも好きですが。『キック・アス』は昔のアメリカ映画のテクニカラーのような濃い目の画調。鮮やかな色彩の画面が埋め尽くされています。常識的には考えられない配色です。学校の机の色は緑色だし、最初にキックアスが戦う場面で喫茶店の壁の色が緑色に塗りつくされている。男の子の部屋の壁が紫色に塗られている。よくみると配色がそれぞれのキャラクターに呼応しているようだ。悪役の配色の基調は赤色であるらしく、朝食のテーブルには真っ赤なリンゴとチューリップが積み上げられている。

 ヒット・ガールが最初にアクションを見せる場面。彼女の登場の仕方のタイミングが絶妙。未知のキャラクターが突然現れるタイミングは、こうあるべきだ。最初何が起こったのか僕もと思った。彼女のアクションには狂気も孕んでいる。結構スプラッタな味付けもあり、殺意に満ちたアクションでした。でも、いくらヒーローだからって、こうも次から次に人を殺して、どうして警察に捕まらないのだろう?ヒットガールの殺戮描写を、残酷な殺人ショーと見るか、巫女さんの舞いのようなものと見るべきか。
 これだけ観客が集まっているにも関わらず、何故か場内はシーンとしている。ポカ~ンとスクリーンで繰り広げられる光景に見とれている感じだ。木材工場での、隠しカメラで撮られた殺戮場面の光景に、悪のボス達が見入ってしまうのと同じようなことが起こったのかもしれない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2011/01/30 23:03 】 | アメリカ映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2/3 関東で恵方巻きを食する | ホーム | 『ノルウェイの森』 トラン・アン・ユン監督>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。