スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
第7回CO2上映展を振り返る その3
昨日からの続きです。


『スクラップファミリー』加治屋 彰人監督
ラストで刑務所から出所してきた娘の早紀が、突然横を向いて走りだす瞬間が素晴らしい。これと似たような疾走場面は他にもあり、ダッチワイフを捨てる母親と、彼女を追いかけるおじいちゃんの追いかけっこは素晴らしかったと思います。
 画面手前を子供が走り抜けて画面奥の高校生にとび蹴りを喰らわす場面とか、ダッチワイフを海に流す場面で祖父と見守る夫婦を奥行きのある画面に収めるとか、ひとつひとつのショットはハッとさせるものがありました。
 母親の保子のハイテンション演技が映画全体を乱しているように思えます。父親、母親、祖父、子供で演技の質が統一されていないように思えて、どうもしっくりとこなかったかな。
 それと、どうも家族がスクラップしていないし、孤独でもないように思える。そんな変わった家族でもなくて、どこにでもいそうな感じ。娘の早紀さんにしても、年頃の女の子だったら、あれくらいのことは両親に向かって言うんじゃないかしら。「私は不良品なのよ」って、いやいや、早紀さんは可愛いし性格も良いし、十分に良い人間に見えますよ。
 浮浪者を暴行する少年達を止める早紀さんのくだりの描写が生々しい。ひょっとして、これは正義の映画だったのかもしれません。思った以上にアツい血がこの映画には流れていたのか?


『新世界の夜明け』リム・カーワイ監督
『適切な距離』を観ていたら、隣の席に四角い眼鏡をかけた男性がひとり座って、良く見たらリム・カーワイ監督その人でした。さらにその隣には遅れて、加治屋監督がやってくるという。
 『新世界の夜明け』のラストの御都合主義的に、数々の問題が片付くのは、御愛嬌。何で高利貸のワタナベさんが融資するのか、祖父は急に外人を受け入れるようになったのか・・・まぁ良いじゃないですか。クリスマスはお祭りなんだし。
 こうも中国人をステレオタイプに描くのか、という違和感がありました。中国人のマフィアはまるで昔の日活無国籍アクション映画に出てくる中国マフィアのようだ。水商売で働く中国人のアヴィさんの、いかにも中国人っぽい日本語の発語の仕方は何なのでしょう。「~~アル。」って言う喋り方、ホントに中国人がするのかしら。

 かつて毛沢東的な共産主義を打倒しようとしたエリ(子供の母親)を、流血の時代とは無縁の世代のココ(富裕層の娘)がお金の力で救出する。そのココに日本の浮浪者のおじさんが毛沢東の詩集をプレゼントする。喜ぶココ・・・うん?この複雑で高度な展開に私はついていけなかった。思想的にどうなんだろう?何か錯綜しているような・・・、いや私は何か見落としているのか。それともアイロニーなのか?
 エリはこの光景を見てどう思っているんだろう?・・・「こんなもの!」とばかりに毛沢東の詩集を海にでも投げ捨てたりとかしたら面白かったかも。
 そのココさんも中国から来たのだから、お金の力に頼ることなく裸一貫で最後までいて欲しかった。中国の彼氏からの経由してボディガードが付く、というのは反則じゃなかろうか。あのボロくて狭い宿泊施設に泊まってこそ、真の国際交流じゃないですか。
 むしろ、ホテルで働く中国出身のボーイさんに日本の大学教育の実情を語らせたり、中国人のココを見た日本人が「あの日本人かわいい」と間違えたりするのが、生々しくて良かったと思います。辺にマフィアとか出さずに、こういう方向性で頑張っていたら・・・ん?何か良い感想を一言も述べていないかも?ごめんなさい!リム・カーワイ監督。監督さんは良い人ぽかったけど。多分、製作条件が厳しかったのかしら。『マジック&ロス』を今度のアジアン映画祭で観たいですぅ。

観客賞の投票というのがありました。最後に白状しますが『聴こえてる、ふりをしただけ』を4点、『適切な距離』を3点、『スクラップファミリー』を2点、『新世界の夜明け』を1点としたのでした。『新世界の夜明け』が観客賞に輝くという。ありゃりゃ、私の見立ては間違っているのかしら。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2011/03/03 00:04 】 | CO2 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<劇場版『相棒-劇場版Ⅱ-』 | ホーム | 第7回CO2上映展を振り返る その2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。