スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
2/8 浅草旅行記
 いやぁ何と、日曜日には、池袋の新文芸座に元祖ゴジラ俳優の中島春雄さんがゲストにいらっしゃっていたのですよ。思わず「怪獣人生」の本を買い求めて、サインをしてもらいました。握手もしてもらいました。中島春雄さんは大柄な体格で、手のサイズも大きいのですが、握手した手はかなり柔らかい感触でした。
 本当に感激です。自分が子供の頃観ていた怪獣の着ぐるみの中に、この御方が入っていたと思うと不思議な気持ちがします。長く人生を生きていると、こういう巡り合わせもあるんだなぁ。今回の東京出張では、中島春雄さんにお会いしたことが一番大きかったかな。
nakajima1.jpgnakajima2.jpg

さて関西の映画ファンの皆様は、空族特集とゴダールの『映画史』の爆音上映を観賞していたと思いますが、私は彼らに張り合えるほど価値ある映画を観ていたでしょうか。

私が観た映画は以下のとおり。
本多猪四郎監督
『フランケンシュタイン対バラゴン』『ゴジラ対ヘドラ』
『キングコング対ゴジラ』『モスラ対ゴジラ』
鈴木則文監督『シルクハットの大親分』
松尾昭典監督『男の紋章 風雲双つ竜』

う~む、まさに関西勢と互角の戦いであったでしょう。
そうですなぁ、これで松林宗恵監督の『続社長行状記』も加えていたら、僅差ではありますが、私の方が勝ちだったことでしょう。時間が合わなかったのですよね。いや・・・負け惜しみです。あぁ、空族とゴダールの爆音上映観たかったわ。
今回思ったのは、全国どこの劇場でも映写機がカタカタと音を立てて回って、スクリーンにフィルムを映し出している、ということ。このカタカタ音は地球上の至る場所発せられていて、多様な映画が今現在も劇場で上映されていること。どの劇場に居合わせるかは、各人の人生における”縁”によるのだということ。今回、私はたまたま、怪獣映画に”縁”があったのでしょうね。

------------------------
★2月17日 ゴダールの爆音上映は『世界史』ではなく『映画史』でした。書き間違えました。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2011/02/08 23:46 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<第7回CO2上映展を振り返る その1 | ホーム | 2/7 浅草旅行記>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。