スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
2/6 浅草旅行記
また今日も池袋に来ました。今、この時間、大阪のビジュアルアーツ専門学校では、ゴダールの爆音上映が始まろうとしていることでしょう。しかし、ここ新文芸座では『キングコング対ゴジラ』の上映の幕が上がろうとしています。ワクワク・ドキドキ~
うふふふ『キングコング対ゴジラ』と『モスラ対ゴジラ』の2本を観ました。スクリーンで観るのはこれが初めてではないのですが、・・・生涯3回目? 改めて見直すと色々と気付かされることがありました。充実した時間を過ごしたぞ。

さて今日はどうしようか。かつて私も若い頃は東京に行くときは、渋谷とか原宿とかに行ったものですが、若者が街に溢れているところに行く気力が湧いてこない。
もうこの歳になると、浅草を観光するくらいで、丁度ええわ。

というわけで、今日は浅草名画座に行きました。浅草には名画座が3軒あって、そのうちのひとつです。↓↓↓各画像をクリックしたら大きくなります。
meigaza.jpg
kiji.jpg
浅草名画座は東映時代劇のラインナップが充実しているらしい。
↓↓↓
jidaigeki.jpg
関西の皆様がゴダールを観ているとき、私は鈴木則文監督の『シルクハットの大親分』を観ていたのです。若山富三郎、藤純子、天津敏や遠藤辰男が異常に生き生きとした傑作でした。最初は何かコントを観ているような映画だったが、徐々にヤクザ映画らしくなってきた。
oyabun.jpg
浅草の映画ファンのおじさんにとっては、映画と競馬の趣味が一体化しているらしい。受付で競馬新聞が売ってました。しかも上映スケジュールのタイムテーブルの隣に、本日の競馬の結果が張り出されてある。映画の休憩の合間、競馬新聞を片手に、おじさん達が自分の買った馬券をチェックする姿がみられました。
keiba.jpg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2011/02/06 23:27 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<2/7 浅草旅行記 | ホーム | 2/5 浅草旅行記>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。