スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
明日11月23日(火)は、こぞって神戸映画資料館に行くべし!
神戸映画資料館で”GEIDAI-CINEMA #4 in KOBE”と題して、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻(ながい名称・・・)の4期生の修了作品5本が上映中です。同時に濱口竜介作品集も上映中です。
↓↓↓
GEIDAI-CINEMA #4 in KOBE

11月20日(土)に観に行きました。『海への扉』『cage』と黒沢清監督と芸大生5人とのトークショーを観てきました。お客さんの入りは、まずまず。客席の8割は埋まっているかしら。
翌日、11月21日(日)に残りの芸大生作品『teto』『浮雲』『真夜中の羊』を観に行ってビックリ。昨日集まっていたお客さん達の大半が潮が引くように消えてしまいました。黒沢清監督もトークの中で、「これらは必見です。傑作です」と仰ってプッシュされていたのに。これはどうしたことか。皆、有名人は見たいけど(僕もその一人ですが)、映画は観ないのか。それとも大阪ヨーロッパ映画祭?駅ビルシネマで大映映画?planetで西部劇?・・・に行っているのかしら。色々と誘惑は多いしね。

関西で自主映画の特集といえば、”シネ・ドライブ”とか”CO2”もしくは”シネマトグラフ・バトル・ロワイヤル”とかがあって、そこそこ観客を集める。だのに東京藝術大学作品と濱口竜介に何故、客が集まらないのかしら。関東から来た自主映画だから?、いやいや、”桃まつり”や”傑力珍怪映画祭”は、そこそこ集客していたぞ。

わざわざ関東から監督さんがお見えになって舞台挨拶もされるというのに、集まったお客さんが4名というのは・・・ちょっと厳しいものがあるぞ。
むむぅ、残すところ明日1日だけの上映となりました。芸大作品としては『浮雲』と『真夜中の羊』、濱口竜介作品は『永遠に君を愛す』のみです。少しでも多くの観客が集まるように、微力ながら紹介文を書くぞ(役に立つか知らんけど)。すみません。ちょっとだけネタばれも含んでいます。


『浮雲』長谷部大輔監督
osiri.jpg主役級の女優3人がお尻丸出しで頑張るステキ映画。
役者って大変やなぁ、と思いました。よくこのような内容の映画に出演されたものだ。松本夢子さん、ほたるさん、るびさん、本当に偉い。
お下劣な描写を重ねつつも”汚物”を画面にいっさい写さない、という点がこの映画の凄いところだと思います。”恥ずかしさ”が消失した一種のユートピアのような世界が描かれています。
羞恥心がかき消され、家族や血縁関係も曖昧にされてゆき、もう人間なんて全部溶けて消えて混ざり合ってしまえ、みたいな突き抜けをしているように思えました。レズプレイにふける女二人(片目の売春婦と放送部の先輩)の頭上から大量に降り注ぐローションには、そういったものを感じました。

『真夜中の羊』ヤング・ポール監督
miyamoto.jpg個人的にはもっとも気にいった一本。自信を持って面白いと人に勧められる作品。
何と言っても”気配”の演出が素晴らしい。空き物件の一軒家の2階に岡部尚が登る。ベランダに出る。ふと背後に気配を感じる。岡部尚が気配のする方向へ恐る恐る。するとカットが一気に変わって、そこにガーンと宮本りえの顔面のクローズアップ。この彼女の登場の仕方にやられました。『こんなに暗い夜』以来、宮本りえさんが好きなんですよ。
夜中、岡部尚の婚約相手が目を覚ます。二階のベランダに立つ宮本りえを見てしまう。彼女の背後に怪しげな気配が漂っている。もう婚約相手は宮本りえに魅入るしかない。
コーヒーカップを手ですすーっとゆっくりと払いのけてテーブルの下に落としてしまうだけのことで、怪しい気配が画面に満たされる(割れたコーヒーカップを画面に映していないことに注目。カップの行方を示さないのでコワさが増す)。
「出番です」と言われて出てきて、すぐに死んでしまう刑事さんの使い捨てぶりにも不気味さが増します。

色々と書きましたが、皆さんの目で観てもらうしかないです。かけつけましょう。書いているうちに、僕ももう一度観たくなってきました。

最後に爆弾発言。私、明日は仕事があります。神戸映画資料館に行けるかどうか、分かりません。すまぬ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/11/22 22:49 】 | 自主映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<『シネマトグラフ・オブ・エンパイア2』上映告知 | ホーム | 『事件』 野村芳太郎>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。