スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
金沢旅行記その5:カナザワ映画祭を振り返って
5月20日(月)、サンダーバードに乗って金沢から大阪に戻る。3泊4日の金沢旅行でありました。初めて行った金沢という町について感想を書きます。また幾つかの反省もできました。忘れないうちに書き留めます。
カナザワ映画祭は濃密な映画空間でした。東京や大阪だけが映画文化ではないのですね。私は今まで地方都市の映画祭に足を運んだことがあまり無かったのですが(山形もなみおかも福岡も行ったことがないという・・・)、色々と貴重な体験をすることができました。

■ホテルは香林坊の近くに泊まるべし。
映画祭の会場となる21世紀美術館やシネモンドは、”香林坊(こうりんぼう)”という町の近くにあります。金沢駅からはちょっと離れています(バスで15分程度)。従って宿泊ホテルは”東横イン香林坊”もしくは”アパホテル香林坊”などの香林坊付近の場所に泊まるべきでした。
今回、金沢駅の近くのビジネスホテルに泊まりました。金沢駅の周辺は賑わっておらず、閑散とした雰囲気でした。昼間は車がビュンビュン通り過ぎる場所、という感じであり、通りにあまり人は歩いていない。夜になったら本当に人がいなくなる。想像異常に闇の深い街だ。深夜の3時頃を、香林坊から金沢駅まで20分かけて夜道を歩くのには、大変さびしい思いをしました。
道路わきにはお地蔵さんがおられました。香林坊地蔵というらしいです。↓↓↓
ojizou.jpg
hiseki_2.jpg

■蟲の鳴く街
金沢市の街に居ると、どこからともなく昆虫の鳴き声がよく聞こえてくるのです。耳を澄ますとリ~ンリ~ンとコオロギかスズムシの鳴き声が聞こえてくるのです。街の中心地のアスファルトで舗装された道路に居ても、どこからともなく虫の鳴き声が聞こえてきました。どこに虫たちは潜んでいるのでしょうか。道路に植えられた、ちょっとした草の中とかに居るんでしょうね。
金沢駅の構内でもスズムシが飼われていました。↓↓↓
suzumusi_3.jpg

■魚介類は甲殻類が美味しいぞ
私は兵庫県在住なので、明石港で取れた魚介類を日頃からよく食べています。ですので、魚介類の美味しさに関しては、わりと慣れているほうだと思っていました。しかしそれでも金沢での魚介類は美味しいと感じました。
商店街に行ってみると魚屋さんが並んでいて、立派な蟹や海老がズラーっと店頭にいっぱい並んでいました(写真撮り忘れた)。マグロやブリやタイに関しては明石も金沢も美味しさは互角だと思います。金沢は蟹や海老の甲殻類が大変美味でした。タコの美味しさは明石の方が勝っているかな?(と、対抗意識を燃やす)

■金沢は空気が澄んでいる
関西よりも北の方に位置するだけあって、猛暑の夏にも関わらず、金沢市は少し涼しく感じました。中心地は交通量も多いのに空気が澄んでいるように思えました。尾山神社や城など街のすぐ近くに森緑があるからでしょうか。
再びサンダーバードに乗って大阪駅に降りたら、空気がどんよりと淀んでいるように感じられました。あと立ち喰いソバ屋の匂いとかね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/09/20 21:42 】 | 日本映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<池部良さん永眠 巨星落つ | ホーム | 金沢旅行記その4: 9/19(日) カナザワ映画祭 2日目>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。