スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』石井輝男
kikei1.jpgこの土日の大阪のシネ・ヌーヴォでの石井輝男特集は、御客さんの入りはかなりのもので、40~50人は各回入っていました。ちょっと意外ですが、結構な人気です。
『恐怖奇形人間』を数年ぶりに観ました。二回目です。8年前に観たときは笑いながら観ました。
しかし今回はしんみりと観ました。悲劇の親子の物語でした。客席から笑いは起きませんでした。(ちょっとクスクスしていた人も居たようですが。)どんな娯楽映画でも、きっちりとスクリーンと向き合うという。シネ・ヌーヴォの観客の皆さまは立派です。

改めて『恐怖奇形人間』を見直してみると、優れたミステリー映画かつ怪奇映画に思えました。マリオ・バーバみたいなヨーロッパの怪奇映画と互角に張り合えるだけ内容は持っていると思います。

■施錠が甘い
映画は吉田輝雄が地獄巡りをするお話しです。前半の精神病棟、中盤のお屋敷、後半の孤島、とそれぞれお化け屋敷みたいなところを吉田輝男が巡ります。
どの建物も扉の施錠がユルユルであり、吉田輝雄は軽々と建物を気安く抜け出ることができます。精神病棟の鍵もちゃんとかかっていないという。能登半島の財閥の御屋敷も、相当に施錠の甘いところで、不審者がたやすく出入り自由です。

■御屋敷の空間把握が凄い
前半のミステリー調で進められる画作りは見ごたえがありました。 吉田輝雄が双子の兄と入れ替わって、能登半島の屋敷に住み始めます。この屋敷の造形が素晴らしいです(セットではなく、実際の豪邸だそうですが)。フッとカメラを真上に向けたら、重層的な天井が広がっているという空間密度が素晴らしいです。
その反面、最後の孤島の造形はちょっと散漫な印象かしら。孤島といっても、岸壁しか印象に残らないかも・・・。暗黒舞踏塾が頑張って踊り狂っているのですが(岸壁で踊る土方巽!)、この孤島のどこに莫大な費用がかかっているのか、良く分かりません。ここで凄い孤島の造形が凄かったら、もう言うことなしなのですが。予算の限界なのでしょう。

■吉田輝雄が凄い
で、映画は吉田輝雄の一人称映画のスタイルをとるのですが、吉田輝雄の不思議な存在感が際立ちます。「どうゆうことなんだ?何故だ?」と、随所に彼の独白が入りながら映画が進行してゆきます。不思議なことに、あれだけ多弁に語っているのにも関わらず、吉田輝雄の内面がちっとも観客に伝わってこないように思う。色々と悩んでいるようだけど、吉田輝雄が何を考えているのか良く分からない人なのです。
それでいて、どんなことにもへこたれない一本芯の通った頼もしさ、みたいなものは吉田輝雄から感じられます。でもやっぱり不思議な存在感です。変装したり、「危うく大失敗するところだった」、と慣れない左利きで頑張って御飯を食べてみたり、小ネタをはさんでくるのですが、まぁ吉田輝雄ならありかも、と思わせるものがあります。

吉田輝雄は実の妹の秀子(由美てる子)と愛し合うことになるのですが、二人の間に愛の言葉は囁かれることも無く、何かいきなりねんごろになっているという。ここも変な感じでしたね。

ラストの花火は圧巻です。明智小五郎(ガシっとした顔立ちの大木実が演じる!)が、フと空を見上げると、いきなり花火が上空に打ちあがる。男女が互いの身体を花火に括りつけて導火線に火を点ける、という作業工程を一切すっ飛ばして、空を見上げたらもう男女の身体が爆発するという、うむを言わさぬ省略の仕方・飛躍の仕方が爽快です。

    おかあさーん!
    kikei2.jpg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/08/29 00:10 】 | 日本映画 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<吉田輝雄様、シネ・ヌーヴォに来たる | ホーム | 『映画の紙礫』Vol.5 世に出回る>>
コメント
----
TESTです。
by: | URL | #-【2010/08/31 23:12】 [ 編集] | page top↑
--確かに--
私も今回は全然笑えんかった。
というより、今回初めてちゃんとしたカラーのやつを見たんだけど(それまでは退色して赤茶けたフィルムだった)、こんなに見事な絵作りや雰囲気作りをしていたのかと、呆然と、かつ涙しながら見ておりました。
実は笑う映画ではなかったんでは?とも。
by:テレンス | URL | #-【2010/09/01 00:25】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。