スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
2004年洋画ベストテン
koneko.jpg 何を今更と思われるかもしれませんが、2004年に観た洋画のベストテンを発表します。忘れないうちに。
 思えば一昨年は韓国映画を観まくっていた年でした。とりわけ、ポン・ジュノとチェン・ジウンを観たのが最大の衝撃でした。
 そんなわけで『エレファント』『永遠の語らい』『息子の眼差し』『ビッグフィッシュ』などの洋画、『2046』『珈琲時光』などの中華圏の話題作は見逃してしまいました。ベストの選定に偏りは否めません。

  1『子猫をお願い』(チェン・ジウン)
  2『ほえる犬は噛まない』(ポン・ジュノ)
  3『気まぐれな唇』(ホン・サンス)
  4『殺人の追憶』(ポン・ジュノ)
  5『オールド・ボーイ』(パク・チャヌク)
  6『ヴァンダの部屋』()
  7『スパイダーマン2』(サム・ライミ)
  8『オアシス』(イ・チャンドン)
  9『ミスティック・リバー』(クリント・イーストウッド)
 10『10話』(アッバス・キアロスタミ)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2006/02/04 22:43 】 | 私的ベストテン | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<2005年邦画ベストテン | ホーム | 2004年邦画ベストテン>>
コメント
--コメントありがとうございます。--
どうも、はじめまして、segaaです。
二週間以上前にコメントを頂いていたのですが、ブログをチェックしていなかったので気づきませんでした。すいません。
映画は、まだまだ知らない映画が多いのでカワゴンさんのブログも参考に色々みてみようと思います。
阿部和重はまだ数冊しか読んでいないので、おもしろいのか何なのかよく分からないって感じです(笑)とりあえず、「ロスト・イン・アメリカ」を今度読んでみます。
by:segaa | URL | #-【2006/04/20 01:47】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。