スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『代理人会議』 (石毛麻梨子、大木萌監督)~桃まつり present うそ~ にて
dairinin.jpg ある女性(実は代理人では無く、本人)実は真犯人、という裏設定があるのだが、ゴキブリを叩くことによってほのめかされるところなどは、素敵。タバコ場での男性陣の会話がナチュラル感をかもし出していて、素敵。

 疑惑の人物の無実が明らかになったところで、会議は時間切れとなる。「一緒に記者会見で述べる内容を考えてくださいよ」、A高校の教頭は嘆願するが、掃除のおばさんが会議室に入ってきて、会議終了となる。
 この後、皆で考えてあげるような展開にすれば、別の面白さが映画に現れてきたとも思うのだが・・・。上映時間の制約で仕方がなかったのでしょうか。

 ラストで、吉岡睦男さんがベンチに腰掛けながら新聞を読む。この場面は何を観客に伝えたかったのかしら?
 記事には謝罪会見の模様が載っている。がしかし、それは既に観客が知っている情報なので、今さら、それを知ってどうする、という感じもする。
 例えば「真犯人逮捕!!」という見出しで、あの女性が逮捕された記事が載っていたら、また違った驚きを観客に与えられたと思うのですが。どうでしょう。いかにも、という感じであざといでしょうか。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/05/27 10:57 】 | 自主映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<『1-2-3-4』 (玉城陽子監督作)  ~桃まつり present うそ~ にて | ホーム | 『カノジョは大丈夫』>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。