スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
2009年 洋画・邦画ベストテン(投票未遂・・・)
 一年前のことですが、知人の紹介にて、2008年度のおおさかシネマフェスティバルさんのベストテンの投票に参加させて頂いたことがあります。
 よ~し、今年も参加するぞ。そう思って投票用紙の到着を心秘かに待っておりましたが、届きませんでした。
 引越しにより住所が変更になったことを、事務局さんにお伝えしていなかったので、そもそも到着するはずもなかったのでした。聞くところによると、2回も再送されたとかで、大変申し訳ありませんでした。 郵送ではなくて、クロネコメールだったのですね。郵便局に転送届を出して、油断していました。

-----------------------------------
 因みに2009年度の邦画と洋画のベストテンを次のように考えていたのである。

noriben

 1位『のんちゃんのり弁』
 2位『パンドラの匣』
 3位『ゼロの焦点』
 4位『余命一ヶ月の花嫁』
 5位『空気人形』
 6位『紅葉』
 7位『夜光』
 8位『シャーリーの好色・転落人生』
 9位『行路行先不明人』
10位『群青』

 1位『グラントリノ』(クリント・イーストウッド)
 2位『チェンジリング』(クリント・イーストウッド)
 3位『母なる証明』(ポン・ジュノ)
 4位『エグザイル』(ジョニー・トウ)
 5位『アンナと過ごした4日間』(イェジー・スコリモフスキ)
 6位『アンダーカバー』(ジェームズ・グレイ)
 7位『我が至上の愛~アストレとセラドン~』(エリック・ロメール)
 8位『アニエスの浜辺』(アニエス・ヴァルダ)
 9位『サブウェイ123』(トニー・スコット)
10位『イングロリアス・バスターズ』(クェンティン・タランティーノ)

 昨年は日本映画をあまり観なかったので、どうしようかと思いました。自主映画がベストテン内に多く占めているという。こんなんで良いのか、とも思います。
 私の一押しは『のんちゃんのり弁』だったのです。もし投票に参加していたら、この映画の順位があと一つあがっていたかも・・・。すまん。『のんちゃんのり弁』
↓↓↓
第5回おおさかシネマフェステイバル ベストテン

よーし2010年度は参加できるように、昨年に引き続き映画を観るぞ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/03/07 22:46 】 | 私的ベストテン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<瀬田なつき監督特集 その1 | ホーム | 『昭和おんな博徒』加藤泰>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。