スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『ソウル・フラワー・トレイン』西尾孔志監督
ソウル・フラワー・トレイン
新世界の猥雑な街並み、西尾監督の女の子趣味、秘密を抱えた娘。色々なものを寄せ集めて混じり合った雑種のような映画であった。
ポスターからして、上半分はキエシロフスキの映画のようであり、下半分はジャームッシュの映画の雰囲気である。第一、平田満の歌う『昭和残侠伝』は東京の浅草や神田などの下町のヤクザのお話なので、大阪には似合わない。

玄関から出てゆく平田満夫妻を横移動のカメラでがーっと追いかけるとき、あぁ、これから良質なコメディが始まると予感させられた。
とにかく観ていて気持ちの良い映画だ。カツラが外れるタイミングが良い、段ボール箱からラッパが現れるタイミングが良い。タイミングが良いということは、演出の前後の手順をきっちりと踏んでいるということである。

『ナショナルアンセム』以来、西尾孔志監督が一貫して描いてきたのは、根性の据わった女の子の冒険談であった。『ソウルフラワートレイン』では親と子に起こる「親離れ」「子離れ」という凡庸になりがちなテーマに加えて、「独立する」という、原作にはないテーマが盛り込まれる。
ここで西尾監督の思い入れは、親を失った真凛(まりん) に注がれる。「独立する」とは、すなわち垂直に起立することである。軽トラックの荷台で立ちあがり続ける真凛(まりん)の美しい立ち姿を見よ。軽トラックを演出させたら日本一と言われる西尾孔志監督の真骨頂だ。

平田満が娘と彼女の友人と外食する場目。カメラは異様なまでに、構図⇒逆構図の執拗な切り返しで、平田満と彼女達を交互に捉える。父と娘の距離が想像以上に離れていることが印象付けられる。昭和残侠伝の歌をひとしきり歌い終えた後、平田満は体を横に倒して寝ころぶ。
そして平田満が体を起こしたときに、最初にカメラのフレームが捉えるのは、娘ではなく彼女の友人であることから、親子の距離が心理的に離れていることが、またしても印象付けられる。

その直後の場面。娘の事実を知って平田満は公園で寝ころぶ。寝ころぶという身振りが反復されるが、今度は真凛(まりん) が傍らで一緒に寝ころんでくれる。「公園にいるけん」と、平田満の九州弁が、いつのまにか真凛(まりん) にも伝染している。もはや西尾監督の真凛(まりん)への傾倒は明らかとみてよい。反面、娘はぞっとするほど奇麗でお姫様然としているようである。

新世界の街並みが描かれるているが、『新世界の夜明け』などとも比較して、過去の大阪映画とさほど目新しいものもない。

但し、通天閣の存在感だけは別格である。そこかしこの場面で背景に写し込まれる通天閣。通天閣の垂直な立ちっぷり。
通天閣の垂直な起立ぶり、周囲からの街並みからの独立ぶりは、軽トラックの荷台での真凛(まりん)の垂直な立ち姿と呼応しているように思えてならない。また、平田満が大きくなった娘を「高い高い」して彼女の体を支え続ける場面でも、娘の体が垂直に起き上がらせようとしているようにも見える。

『ナショナルアンセム』のラストを思い出す。「我々は一人ずつが世界と立ち向かう国家である」と高らかな宣言された。このメッセージはマブゼ博士が発した声明を換骨奪胎したものであろうと、と推測してみる。
『ドクトルマブゼ』(フリッツ・ラング)の終盤、警官隊に包囲されたマブゼ博士が説得に応じず「私は国家である」と宣言したことが原点にあろうと思われる。
マブゼ博士は世の中の混沌を目論んだが、西尾孔志は個人の「独立ぶり」を肯定的に捉えた。旧ドイツでマブゼ博士が唱えたメッセージが、国境と時空を超えて大阪の下町に辿り着いたという、映画史的な横断ぶりが感動的だ。
スポンサーサイト

テーマ:西尾孔志 - ジャンル:映画

【2014/01/25 22:00 】 | 映画監督 西尾孔志 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。