スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
瀬田なつき監督特集 その2
todomaruka

第一回監督作の『とどまるか なくなるか』の一場面。

夏の暑い盛りのこと。3人の女子学生が口々に「暑い暑い」と言いながら公園の中を歩いてくる。
ふと、そのうちの一人、主人公の少女が足を止めて、視線を横に向ける。視線の先に、公園に置いてあるにしては、ちょっと場違いな階段(その場所に存在していることが変というか・・・)が現れる。
この瞬間、画面の中の音声がぷっつりと消えて、無音描写が始まる。
無音描写はその後の作品にも用いられることが多い(例えば『彼方からの手紙』では、女の子が遠くに見えているものを手で握り締める場面で無音になる)。

『とどまるか なくなるか』において、少女が下校途中に出くわした無音の階段は、いつも見慣れた光景が何かの拍子にいつもと違って見えてしまうことを暗示している。まるで、自分ひとりだけ異界に迷い込んだような。
ここで不意に少女は、絶対的な”孤独”を発見したのだと思う。

事実、映画の後半で、少女の兄、父親(最初から海外出張で不在)、母親が次々に姿を消してゆき、少女はひとりぼっちとなる。壁にハンガーでかけられた衣服が、人物の不在をいっそう際立たせる。
家の中にゴミが溢れてゆき、今まで見慣れていたはずの住居が、鏡が、台所が、浴室が別世界に変貌してゆく。異界が口を開けて彼女を包み込む。雨の中、友達が迎えに来ても、カラフルな赤色と黄色の傘までもが違和感があり、コワく見えてくる。

少女が孤独を悟ること、人間はそもそも生まれつき1人であることを思い知されること。―――これが『とどまるか なくなるか』の主題と私はみた。

このつながりで、『あとのまつり』を観る。映画の構造が、現在と未来を行ったり来たりして、入れ子のような構造になっています。でもこの映画の構造は恐らくハッタリでしょう。

瀬田なつき監督の本質はどこにあるのか?
映画のラスト近くで、赤い服を着た女の子が河川敷でひとりで立ち尽くしているショットに私は大変な感動を覚える。「忘れねーよ」と言い放つ彼女を観ていたら、胸に熱いものが込み上げてきました。正直に申します。このショットで私は泣いた。

あるいは『彼方からの手紙』のラスト近くの場面。主人公の少女が道路わきの階段で(やっぱりここでも階段!)、赤ん坊を抱いた在りし日の父親の姿を思い浮かべる場面でも、少女は世界と隔絶して立ち尽くす。

瀬田なつきの映画で、少女達は孤独に耐えながら2本の足で立ちすくんでいる。その立ち姿にこそ、私は心動かされる。どの作品を観ても、一見楽しい映画のように感じられるが、実は少女達は孤独と対峙しているのだ。
瀬田なつき監督はいたって冷徹な演出家なのである。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/03/17 23:24 】 | 自主映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
瀬田なつき監督特集 その1
atonomaturi.jpg
 3月14日、瀬田なつき監督の特集上映を観に、大阪ビジュアルアーツ専門学校に駆けつける。監督作『とどまるか なくなるか』『港の話』『むすめごころ』『あとのまつり』『彼方からの手紙』の4作品を一挙に鑑賞しましたた。
瀬田なつき監督の映画を観るのは初めてです。作品群を続けてみると、監督の資質が透けて見えてきて興味深いものです。
 正直に申します。私は瀬田なつき監督の映画が好きになりました。私は緊張してしまって、監督に声をかけることができませんでしたが、いずれまたどこかでお会いしたいものです。

--------------------------------

 どの映画でも劇中人物たちは都会の街中を歩き回る。東京都内の風景を映画に収めたいという欲望があるようです。

 基本となるのは、若い女の子の物語だ。『とどまるか なくなるか』では男性の不在が強調されおり(部屋に学生服がいつもでもかけられている)、『彼方からの手紙』では当初主人公の位置にあった男性の物語が若い娘(実の娘)の物語へとシフトしてゆく。この若年層の男女の物語形づくる中にも、特有のフェティシズムが垣間見える。

●女の子は自らの姿を鏡に写し、もう一人の自分と対面しなければならない。
●女の子の素足を足元から舐めるように撮影しなければならない。
●女の子は室内に居るときいるとき、地べたに寝転がらなければならない。
●女の子は何かの拍子に走り始めなければならない。
●部屋の中にはテレビが置かれてなければならない。
●男の吸うタバコの銘柄はラッキーストライクで無ければならない。
●猫という動物は素晴らしい。

 ・・・などなど。

 横浜聡子監督、西川美和などの女性監督と比較して、瀬田なつき監督の映画は観ていて単純に楽しい。凝り固まった観念に囚われていないからだと思う。観る者を驚かせたい、観る者を別世界に導きたい、という健康的な欲望が画面のそこかしこから漏れてくるので、観ていて単純に楽しいです。

長くなってきたので、明日また個別の作品について感想を書きます。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/03/15 22:52 】 | 自主映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
2009年 洋画・邦画ベストテン(投票未遂・・・)
 一年前のことですが、知人の紹介にて、2008年度のおおさかシネマフェスティバルさんのベストテンの投票に参加させて頂いたことがあります。
 よ~し、今年も参加するぞ。そう思って投票用紙の到着を心秘かに待っておりましたが、届きませんでした。
 引越しにより住所が変更になったことを、事務局さんにお伝えしていなかったので、そもそも到着するはずもなかったのでした。聞くところによると、2回も再送されたとかで、大変申し訳ありませんでした。 郵送ではなくて、クロネコメールだったのですね。郵便局に転送届を出して、油断していました。

-----------------------------------
 因みに2009年度の邦画と洋画のベストテンを次のように考えていたのである。

noriben

 1位『のんちゃんのり弁』
 2位『パンドラの匣』
 3位『ゼロの焦点』
 4位『余命一ヶ月の花嫁』
 5位『空気人形』
 6位『紅葉』
 7位『夜光』
 8位『シャーリーの好色・転落人生』
 9位『行路行先不明人』
10位『群青』

 1位『グラントリノ』(クリント・イーストウッド)
 2位『チェンジリング』(クリント・イーストウッド)
 3位『母なる証明』(ポン・ジュノ)
 4位『エグザイル』(ジョニー・トウ)
 5位『アンナと過ごした4日間』(イェジー・スコリモフスキ)
 6位『アンダーカバー』(ジェームズ・グレイ)
 7位『我が至上の愛~アストレとセラドン~』(エリック・ロメール)
 8位『アニエスの浜辺』(アニエス・ヴァルダ)
 9位『サブウェイ123』(トニー・スコット)
10位『イングロリアス・バスターズ』(クェンティン・タランティーノ)

 昨年は日本映画をあまり観なかったので、どうしようかと思いました。自主映画がベストテン内に多く占めているという。こんなんで良いのか、とも思います。
 私の一押しは『のんちゃんのり弁』だったのです。もし投票に参加していたら、この映画の順位があと一つあがっていたかも・・・。すまん。『のんちゃんのり弁』
↓↓↓
第5回おおさかシネマフェステイバル ベストテン

よーし2010年度は参加できるように、昨年に引き続き映画を観るぞ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/03/07 22:46 】 | 私的ベストテン | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。