スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
映画侠区Vol.7 グリフィス特集
 映画侠区vol.7に参加し、1910年代のD・W・グリフィス作品を観ました。
 固定カメラは偉大だ。この時期の映画自体パン、ティルトなどのカメラを動きは一切ない。レールを轢いての移動撮影もない。勿論クレーン撮影もない。その当時のカメラの重量からして、考えてみりゃ当たり前のことだ。カットバックが編み出されたのも、案外、カメラが動かせないという物理的制約によるものかも・・・なんて想像してしまう。
 固定カメラの前で起こった出来事がそっくりそのまま記録される。画面の中での人物の動き方やセットの素晴らしさを観ているだけで楽しい。
 例えば『これらのいやな帽子』。映画館のスクリーンにが画面の奥に写され、それだけで奥行きが強調されるが、カメラの外から妙な客が次々と入ってきて、さらにはUFOキャッチャーみたいな捕獲装置が上から降りてくるという。これら一切の動きが固定カメラのフレーム内で生起するのだ。
 かの蓮實重彦が、無声映画で育った監督とトーキーで育った監督はカメラ位置の感覚が違う、みたいなことを言っていたのが不意に思い出される。
miezru.jpg 『見えざる敵』を観たとき、こんなにも単純な要素で劇映画は成り立ってしまうのか、とハッとなった。美しい姉妹(リリアン・ギッシュとドロシー・ギッシュだ!)、悪い男、呑んだくれのおばさん、金庫破り、密室、拳銃、たったそれだけ。
 で、その悪者が部屋に閉じ込められた姉妹に対して拳銃を向ける。壁に開いた穴に手を差し込んで、壁の向こう側の姉妹に対して拳銃を左右に振る。拳銃の動きに合わせて姉妹が大袈裟に逃げ惑ったり気絶したり・・・実にほほえましい光景だが映画的には素晴らしい。電話の喋り相手を介してのカットバックもすかさず炸裂する。
 それにしても、グリフィス映画で美しい女性が拳銃を持つとドキドキする。そういえば、「映画とは女と拳銃である」と言った御方が映画史におられたな、と思って調べたらD・W・グリフィスその人でした。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/04/22 15:54 】 | 映画侠区(映画鑑賞会) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画侠区Vol.7 お知らせ
映画侠区の主催者のライリー警部さんからのお知らせです。

すべての映画はアメリカ映画である
 ~ すべての映画はグリフィスである ~

griffith.jpg デーヴィッド・ウォーク・グリフィス。この20世紀を作った最も偉大な巨人に私たちはまたも帰らなければなりません。すべての映画はグリフィスからはじまります。今回はグリフィスが国際的に評価されるようになる『国民の創生』、『イントレランス』以前のバイオグラフ社時代に焦点を当てます。23本の映画の原石を体験して下さい。



【今回鑑賞作品ご紹介】
 『これらのいやな帽子(Those Awful Hats)』1909年
 『封印された部屋(The Sealed Room)』1909年
 『小麦の買占め(Corner In Wheat)』1909年
 『不変の海(The Unchanging Sea)』1910年
 『彼の信頼(His Trust)』1911年
 『ニューヨークの帽子(The New York Hat)』1912年
 『見えざる敵(An Unseen Enemy)』1912年
 『母のように優しい心(The Mothering Heart)』1913年
 『ドリーの冒険(The Adventures Of Dollie)』1908年
 『高利貸し(The Usurer)』1910年
 『イーノック・アーデン(Enoch Arden)』1911年
 『守銭奴の心(The Miser's Heart)』1911年
 『ピッグ・アリの銃士たち(The Musketeers Of Pig Alley)』1912年
 『強盗のジレンマ(The Burglar's Dilemma)』1912年
 『日光(The Sunbeam)』1912年
 『厚化粧したレディ(The Painted Lady)』1912年
 『かたやビジネス、かたや犯罪(One Is Business,The Other Crime)』1912年
 『死のマラソン(Death's Marathon)』1913年
 『エルダーブッシュ峡谷の戦い(The Battle At Elderbush Gulch)』1913年
 『最後の一滴(The Last Drop Of Water)』1911年
 『友だち(Friends)』1912年
 『小さな悪弊(The Lesser Evil)』1912年
 『大虐殺(The Massacre)』1912年

  ~ すべてが宝なのですよ ~

●日時:4月21日(土)  12:30~順次上映~21:30頃終了予定
●場所:PLANET STUDYO PLUS ONE パイロット・ギャラリー 3階
●会費:1,500円以下になったらイイなとつくづく思う。(機材費 貸しスペース代 ソフト取得料等 かかった分を参加人数で割り勘します)
なお休憩は、いつもどおり皆様の疲労度や都合を見て適当に決定します。

テーマ:映画監督 - ジャンル:映画

【2007/03/31 11:13 】 | 映画侠区(映画鑑賞会) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
映画狂宴Vol.6 ウォルシュ、フォードそしてホークス  ~アメリカ映画が誕生する瞬間へ~
ferrey2.jpg 映画侠宴Vol.6に参加してきました。僕はホークスとフォードしか観れませんでしたが、貴重な体験をしてきました。
 ホークスのコメディ映画にはのけぞった。ホークスは西部劇、ノワール、SFなどの様々なジャンル映画を撮った巨匠だが、『赤ちゃん教育』『モンキー・ビジネス』などのコメディの冴えも忘れ難い。ホークスはコメディ映画から出発していたのだろうか(不勉強で良く知りません)。
 ところで主催者さんより「三本鑑賞の合間におまけ鑑賞する10分ほどの短編のタイトルを当てた方は、無料にしましょう!」、と問題が出されて短編映画が観たが、僕には分からず。
 はてこれは何の映画だろう? 映画のフォルム、人物の外観、劇中人物の話し言葉から察するに東欧の映画かしら? ワイダやベルイマンなどの監督の固有名詞が頭の中をよぎったが、よもやドライヤー監督作品だったとは。
 『彼らはフェリーに間に合った』というタイトルの交通安全の宣伝映画らしい。が、宣伝映画然としていない。何と言えば良いか、コワい映画だった。バイクを走らせる二人乗りの男女を手を変え品を変え、多様なアングルから捉えられているうちに、物質の持つ凶暴なフォルムが観る者に迫ってくるような凄みをみせている。
 高速回転するバイクの車輪のアップ(⇒『裁かるるジャンヌ』の拷問器具の車輪を想起しよう)、棺桶(⇒言わずもがな『吸血鬼』である)、そして何と言っても死神さんのチャーミングな微笑み・・・、おぉそう言えば カール.Th.ドライヤー の映画に必須のアイテムが揃いまくっていたではないか。後から言われてみて納得した。ちょっぴり悔しい。
 それにしてもライリー警部さんはこのような貴重なものをどこから見つけてくるのだろう。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/03/14 23:09 】 | 映画侠区(映画鑑賞会) | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
映画狂宴Vol.6 お知らせ
映画狂宴の主催者のライリー警部さんからのお知らせです。

すべての映画はアメリカ映画である
グリフィスをめぐって~巨匠たちの誕生~
 ゴダールの有名な「すべての映画はアメリカ映画である」という言葉は、あらゆる映画がグリフィスを根底に持っているということなのでしょう。
 だからグリフィスを見ないと始まらないのですが、一方で言うと「アメリカ映画こそ世界最高だ」という意味もあったと私は理解したいと思います。実際、アメリカ映画は最高です。これからその最高の映画を見て行きましょう。まずは三大巨匠の誕生の瞬間に立ち会います。

すべての映画はアメリカ映画であるウォルシュ、フォードそしてホークス ~アメリカ映画が誕生する瞬間へ~
syuugou2.jpg ダグラス・フェアバンクス、メアリー・ピックフォード、グリフィスとチャップリンが並んでいるこの写真はハリウッドの誕生を告げています。私たちはこのグリフィスこそ「映画の父だ」ということを自覚しながら映画を見てきたものです。そしてグリフィスの影響の大きさに驚きつつ、それでもなお新しい映画が誕生することの豊かさがあるから映画を見続けていられるのです。ウォルシュ、フォード、ホークス、この三人はグリフィスの影響を当然受けているし、ことにウォルシュはグリフィスから数多くのことを直接学んでもいます。ところが彼らのデビュー当時の作品にはすでにグリフィス映画から多くを学びつつも独自のものが数多く見られます。そのことを一つ一つ瞳を凝らして確認していきましょう。「これはウォルシュだ、フォードだ、ホークスだ」と見つけて下さい。彼らがどれほどまでにグリフィスから学び、しかもオリジナルであったか。アメリカ映画の豊かな歴史が、今、始まります。私たちの特権は、暗闇に輝く画面に瞳を凝らせば、時空を超えて、この偉大な瞬間に立ち会えることにあるのです。

【今回鑑賞作品ご紹介】
「リジェネレーション(更正)」Regeneration  監督:Raoul Walsh」
「譽の名手」Straight Shooting  監督:Jack Ford」
「無花果の葉」Fig Leaves  監督:Howard Hawks

●日時:3月10日(土)  12:30~順次上映~20:00頃終了予定
●場所:PLANET STUDYO PLUS ONE パイロット・ギャラリー 3階
●会費:1,500円以下になったらイイなとつくづく思う。
(機材費 貸しスペース代 ソフト取得料等 かかった分を参加人数で割り勘します)
三本鑑賞の合間におまけ鑑賞する10分ほどの短編のタイトルを最初に当てた方は、今回は無料にしましょう。頑張って当ててください。
なお休憩は、いつもどおり皆様の疲労度や都合を見て適当に決定します。

テーマ:観るべき名作100選 - ジャンル:映画

【2007/02/21 23:07 】 | 映画侠区(映画鑑賞会) | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
映画侠宴Vol.5 アブラム・ローム映画鑑賞会
 映画侠宴Vol.5に参加してきました。当日カワゴン氏はちょっとお疲れ気味であまり発言しなかったのですが、だらだらと感想を徒然なるままに書きます。
 アブラム・ロームというロシア映画監督は僕は知らなかったのですが、蓮實重彦がホークスと比肩しながら評価しているらしい。ということは面白い映画に違いないのだが、はてホークスに共通するものがアブラム・ロームに含まれているかは私には分からなかった。
 実は言うと、僕はボリス・バルネットの大ファンだ。あぁ『騎手物語』『国境の町』『帽子箱を持った女の子』『レスラーと道化師』!!バルネットはめくるめく魅惑の映画体験でした。
 で、アブラム・ロームはどうかというと、どちらかと言うと僕はバルネットの方が好きかな・・・(ライリー警部さん、ごめんなさい。個人的な趣味の問題です)。
 にしても1930年代という時代に、ハリウッドの影響を受けた映画監督が日本や上海に留まらずロシアにも存在していたことに驚きです。

『Цветы запоздалые』(仮題:咲きおくれた花)
 実に上品な映画。ちょっとドライヤーっぽい? う~ん危なさはドライヤーほど足りてないように感じた。それにドライヤーはああもズームアップやズームインを多用しないと思うんやけどなあ。
 二人の人物がテーブルを挟んで会話していて、一人が立ち上がったら、その動きに合わせてズームアップするというのは・・・。
 医者が女性患者の背中に聴診器を当てて診察するのですが、あそこは女性の背中の裸体がドカーンと画面いに大写しになって欲しい、もっと官能的に(個人的希望ですが(^_^;;))。『裁かるるジャンヌ』での、ジャンヌダルクの拷問に怯える恐怖の顔面が画面に迫ってきたように。

『Нашествие』(仮題:「侵入」)
shinnnyu.jpg これも僕は良く分からず。瓦礫の街の中を戦車が走り回ったり、自転車部隊が火を点けて回る戦闘場面にぎょっとした。ロシア映画もこういう俗っぽいことやっていたのか。
 レジスタンスが集う部屋の中をアブラム・ロームは、人物の構図・逆構図の切り替えし、パン、アクション繋ぎなどの技法を駆使してかなりのカット量を費やして撮っている。実にアメリカ的な映画の文法に則っているものの、『外套と短剣』のホークス(⇒F.ラングの間違いでした。3月28日修正)はもっとじっくり撮っていたように思うが。

『ранатовый браслет』(仮題:ガーネットのブレスレット)
ganett.jpg ある女性を二人の男が奪い合う、みたいな愛憎劇で不倫やら姦通などが主題の映画だと思うのですが、字幕が付いていないので良く分からず。
 がしかし、とてつもなく素晴らしい映画だった。ワイドスクリーンの画面に晩餐会のかしこまった様子やカフェの喧騒がぴったり収まる。ベランダの向こうに青々とした海が広がる。
 素朴な疑問なのだが、男(死ぬ方)の部屋は何故にあのような高い場所に位置しているのか。高さにして3階立ての建物くらいの位置にあると思うのだが、その場所へと到る空中階段を喪服の女性が昇るのが素晴らしい。いや正確に言うと、昇りきってから男の待つ部屋に到着する場面がもの凄い。
 女性が扉を開けて暗闇にすっと立つ。その姿に魅入られる。魔がさしたいうか、映画の神が降りてきたというか、妖気が画面に充満している。一度観たら網膜に焼き付いて離れないくらい素晴らしい場面だ。
凄いぞアブちゃん!!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/02/13 00:37 】 | 映画侠区(映画鑑賞会) | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
映画侠宴Vol.5 お知らせ
映画狂宴の主催者のライリー警部さんからのお知らせです。

 あなたはアブラム・ロームの一端に触れる。
 昨年のロシア・ソヴィエト特集のとりあえずのエンディングとして、あのアブラム・M・ロームの珍しい3作品を上映します。
 この人の全貌を誰かが明らかにしてくれると期待し続けて10年以上経ちました。ビデオではありますが、そのホンの一端に触れて、来るべき日に備えておきましょう。

1.jpg  2.JPG  3.JPG
上の画像の左から順に、
「ранатовый браслет」 仮題:「ガーネットのブレスレット」
「Цветы запоздалые」 仮題:「咲きおくれた花」
「Нашествие」      仮題:「侵入」

●日時:2月11日(日曜)12:30~順次上映
●場所:PLANET STUDYO PLUS ONE パイロット・ギャラリー 3階
●会費:約1000円(機材費 3,000円  貸しスペース代 10,000円 等 参加人数で割り勘)
 なお休憩は、いつもどおり皆様の疲労度や都合を見て適宜にします。
【2007/01/18 00:26 】 | 映画侠区(映画鑑賞会) | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
映画侠宴Vol.4 バスター・キートン映画鑑賞会
 映画狂宴Vol.4のバスター・キートン映画鑑賞会を見に行く。バスター・キートンの映画は殆ど観たことがなく、その奥の深さを僕は良く知らないので申し訳ないのです。とりあえず第一印象を書き綴ってみる。
 僕はかつて子供の頃、よくNHK教育テレビでチャップリンの喜劇を観たものだ。チャップリンの喜劇というのは、笑いの中に愛や勇気が散りばめられていて誠に教育的だったように思う。貧乏でも誠実に生きてゆこう、みたいな。
 それはそれで良いことだと思うが、バスター・キートンの喜劇に教育的なものは一切含まれていない。体を張ったギャグ、映画的な装置を駆使したギャグ、要するにギャグ単体で存在する喜劇に見える。暴力的だとも思う。こういう類をスラップスティックと呼ぶのだったろうか。
 チャップリンの喜劇はチャップリン氏のキャラクターによって成立しているが、バスター・キートンの喜劇は山の急斜面、変てこな船、階段、防火服などの装置によって成り立っているようだ。
 バスター・キートン氏が山の急斜面を転がり落ちピュ-っと空中を飛んで木にしがみつく、沈没寸前の船がクルクル回転するのに合わせてバスター・キートン氏が船底で転げまわる、というギャグは笑えるのだが、笑うだけで済まされないアブなさを感じる。狂気の沙汰と紙一重なような。
 どこからともなくわらわらと集まってくる警官の人数の多さにゾクッとした。いくらなんでもやり過ぎだ。一体全体あんなにも夥しい数のエキストラを集める必要がどこにあったのか。やっぱり、どこか常軌を逸していると思う。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2007/01/15 00:43 】 | 映画侠区(映画鑑賞会) | コメント(3) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。