スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『ヒアアフター』 クリント・イーストウッド監督
ストレートな人間賛歌、と受け止めました。
hereafter.jpg『ヒアアフター』を観て感動。霊能力モノですか? もはや何を撮っても傑作になってしまう状態のクリン・トイーストウッド監督の最新作。実に堂々たる風格を持った映画です。何なのでしょう、男と女と子供があれば映画はできあがる!みたいな、堂々とした映画は。”霊能力などインチキだ”と言い出す人が居なかったり、霊界から呼び出された人間が、性格の良い人が基本的だったりするのがちょっと物足りない気もしますが、『グラントリノ』や『インビクタス』よりも琴線に触れたのでありました。

 噂には聞いていましたが、冒頭の東南アジアので大津波の場面でのパノラマチックな光景は凄い。内陸に逃げようとする散り散りの群衆をパンしながら俯瞰で捉えているのですが、群衆が波に飲み込まれる場面をちゃんと撮っている。かつての円谷英二の特撮でも津波が出てくることが多かったですが(『地球防衛軍』とか)、CGが進歩するとこうなるのか、と感動しました。

イーストウッドの今まで映画は集団活劇みたいな感じもしましたが、『ヒアアフター』は、1対1で向き合う人間の凄味に重きを置いているように思えました。霊能力者のマット・ディモンは、あの世にコネクトする際、相手の手を取って向き合います。
 またイタリア料理の教室でも人同士を向き合わせています。今時、男女が顔を接近させて向き合う場面を撮るにはどうすれば良いか・・・目隠ししながら食材を当てるということをさせます。スプーンで相手の口に食べ物を入れてあげる、という行為が、どうもエロチックな仕草に見えて仕方ない。実際、大きく口を開けて食べ物を入れてもらうダラス・ハワードは、男性の愛情を求めているような感じだ。

『ヒアアフター』は津波に始まり、男女が抱き合うことによって終わります。『ヒアアフター』のラスト、母親と息子(弟)が部屋の中で向き合って抱き合います。カットが変わり引き画になりますが、これは死んだもう一人の息子(兄)が母・息子を見守る視点なのでしょう。
 抱き合うといっても、母親と息子なのでドラマの成り行きとして自然に起こることなのでしょうけど、マット・ディモンとセシル・ドゥ・フランスの抱き合い方は、祝福すべき突発的事態という感じで、観る者を躊躇させもします。予知夢のようなキスシーンが描かれています。マット・ディモンも予知能力?それとも本人の願望が頭をよぎったのか?いままで霊界と交信してばかりいて厭世感にも陥っていたマット・ディモンが、ようやく現実に希望を見つけたということでしょうか。
 全然関係ないけど『タレンタイム』のラストでマレーシアと華僑の男子学生が、突然立ち上がって抱き合うラストシーンは胸を打ちましたね。

「あの世のことは分からない」とクリント・イーストウッドさんは仰いますが、この映画をみていると「現世はどうなるか分からない」と私には思えてきます。セシル・ドゥ・フランスはお土産を買いに行かなければ、津波に巻き込まれることもなかったでしょう。また双子の兄の方は薬局からの帰り道の場面。不良少年達がこちらを見ているショットが挿入されます。あぁ何か嫌な感じ、そっち行っちゃ駄目、と思って観ていたら、そっちに行ってしまい不幸なことになるという。
 ちょっとしたボタンの掛け違いで、人生は違った方向に行く。その人の人生が狂うこともある。兄が亡くなり、そして母親はクスリを断つことができた。霊能力に蝕まれそうになったけど、運命の女性に出会うことが出来た(恐らく女性キャスターとプロデューサの間には隙間風が吹きつつあり、今後彼らの関係がより発展するこもなさそうですし)。
悲惨な目にあって人生狂っても、そこから何かがまた起こる。『ミスティックリバー』にしても『チェンジリング』にしても、ホントにこの終わり方で良いのか、と困惑する部分もありましたが、『ヒアアフター』はストレートな人間賛歌と思えたのですが、私は単純でしょうか。

 あと、帽子が風でフワッと飛ばされる瞬間は良かったですね。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2011/03/08 23:29 】 | アメリカ映画 | コメント(2) | トラックバック(1) | page top↑
『キック・アス』
ヒットガールの女の子は殺意を発散している
hg.jpg『キック・アス』を神戸での初日に観るべくOSミント神戸の20時20分の回に観に行ったら、お客さんが80人近く詰めかけていました。いつもはレイトショーは5、6人しか人がいないのに。口コミの力って、やっぱあるんだね。
『キック・アス』を観ていて泣いてしまった。夕日のガンマンのメロディが流れて、ドアのガラスの向こう越しに、学生服姿の女の子が見える。それだけで十分に泣ける。待ち受ける敵陣に単身殴り込み、という映画の王道パターンをラストにもってくるのは、やっぱり観ていて燃えてくる展開です。
 11歳の女の子が大の男どもをバッタバッタとなぎ倒す。そりゃ面白いに決まっているでしょ、盛り上がるに決まってるでしょ。反則じゃないですか。
 風がピューっと吹いてヒットガールの紫色の髪を舞いあげる。「I'm Hit Girl.」・・・かっこ良過ぎです。

『キック・アス』を観たら『キル・ビル』が弛緩して観えるかも。あのユマ・サーマンのアクションがね。タランティーノも好きですが。『キック・アス』は昔のアメリカ映画のテクニカラーのような濃い目の画調。鮮やかな色彩の画面が埋め尽くされています。常識的には考えられない配色です。学校の机の色は緑色だし、最初にキックアスが戦う場面で喫茶店の壁の色が緑色に塗りつくされている。男の子の部屋の壁が紫色に塗られている。よくみると配色がそれぞれのキャラクターに呼応しているようだ。悪役の配色の基調は赤色であるらしく、朝食のテーブルには真っ赤なリンゴとチューリップが積み上げられている。

 ヒット・ガールが最初にアクションを見せる場面。彼女の登場の仕方のタイミングが絶妙。未知のキャラクターが突然現れるタイミングは、こうあるべきだ。最初何が起こったのか僕もと思った。彼女のアクションには狂気も孕んでいる。結構スプラッタな味付けもあり、殺意に満ちたアクションでした。でも、いくらヒーローだからって、こうも次から次に人を殺して、どうして警察に捕まらないのだろう?ヒットガールの殺戮描写を、残酷な殺人ショーと見るか、巫女さんの舞いのようなものと見るべきか。
 これだけ観客が集まっているにも関わらず、何故か場内はシーンとしている。ポカ~ンとスクリーンで繰り広げられる光景に見とれている感じだ。木材工場での、隠しカメラで撮られた殺戮場面の光景に、悪のボス達が見入ってしまうのと同じようなことが起こったのかもしれない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2011/01/30 23:03 】 | アメリカ映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『ローラーガールズ・ダイアリー』 もうこのくらいにしておこう。
 一昨日、昨日と『ローラーガールズ・ダイアリー』を観て、興奮し過ぎました。
 勢いだけで文章を書いてしまい、かなり恥ずかしいです。この二日間、OSミントシネマで同じ映画を2回観たり、パンフレットを買ったりして、4200円使いました。わはは。

 『ローラーガールズ・ダイアリー』をペッキンパーに例えるのは、こじ付けが過ぎるように思えてきました。冷や汗をかいています。 補足のために(取り繕うために)、もうちょっと書き足します。
roller2 映画の最初の方で、エレン・ペイジは厚ぼったいダサイ眼鏡をかけていました。その眼鏡が外されるのは、いつのタイミングだったでしょうか。ちょっとよく覚えていません。
 エレン・ペイジの眼鏡を通した”視線”の行方が非常に気になります。

 実際、この映画では、エレン・ペイジが何かを見つめている場面、何かを見て気付く場面、が多いように思われます。エレン・ペイジの左右非対称な顔の造りから放たれる、とろ~んとした視線の行方に、私は胸をわしづかみにされてしまうのです。

 例えば、
 エレン・ペイジが母親とともに、都会街のオースティンにあるお店に靴を買いに行きます。母が父に電話をしている間、彼女は一人になります。そこに自動ドアが開いて、ローラースケートを滑らす一団が店内に侵入します。その一団はチラシを置いて、すぐにまた、お店の外に出ます。
 このときエレン・ペイジは、まずチラシに視線を向け、次に一団が出て行った自動ドアに向けて、いつまでも視線を向けています。そして、走る自動車の後部座席に居るエレン・ペイジは、窓ガラス越しに、まだ視線をオースティンの街の方向に向けて続けています。

 さらに例えば、
 エレン・ペイジがローラーゲームの入団テストを受けにオースティン行くため、バスに乗ります。このとき彼女はバスの窓から外界に視線を投げかけて、様々なものを見ます。ある決意を固めて出発するときに、今までとは違った風景がこの世界に立ち現れる。その外界のひとつに、お店で働く親友(アリア・ショウカット)の姿が混ぜられます。繊細な配慮だと思います。このほんの僅かな挿入ショットに心をかき乱されそうになりました。

 さらにさらに例えば、
 仲たがいをしていた親友と、仲直りをする場面。二人はタイル状の壁に背をもたれさせながら、会話をします。謝り続けるエレン・ペイジに対し、親友は自分が大学に受かったことや、田舎町街から抜け出すことを考えているを告げます。このときのエレン・ペイジは眼鏡をしていません。
 構図・逆構図による切り返しにより、この二人の会話の場面が組み立てられています。
 が、注意してよく観ると、二人の視線が交わらないように、二人の顔のアップショットの切り返しが行われます。親友(アリア・ショウカット)の顔は完全に首を90度横に向けて、こちら側の客席に視線を向けています。それに対し、エレン・ペイジの顔は45度くらいの角度で首を傾けており、あいまいな方向に視線が向いています。
 この切り返しのショットから受ける印象は、あぁ要するに彼女達は、今までのベタベタな関係からは卒業したのだな、ということです。二人はこれから成長して、互い道を歩んでゆくのでしょう。
 この場面のエレン・ペイジの顔を捉えるショットは、この映画の中ではちょっと浮いた感じになっています。ここだけドキュメンタリー的な要素が含まれているように思えました。

 映画のラストショットは、大きなブタのモニュメントの上に乗り、遠くを見つめるエレン・ペイジの姿で終わります。その視線の先には、オースティンの街があるのか?、よくわかりません。もはや観客は、彼女に感情移入する余地はありません。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/07/05 21:18 】 | アメリカ映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『ローラーガールズ・ダイアリー』 2回目
roller3 7月4日(日)、どうしても我慢できなくて、昨日に引き続き『ローラーガールズ・ダイアリー』を観にOSミント神戸に駆け付けてしまう。
 朝9時30分からの一回限りの上映に集まった観客は5人であった。偉いぞぅ、僕以外の4人のお客さん。
 この映画の重要なポイントは映画の最初の10分以内に全て出揃っていて、やはり青春映画の王道パターンともいえます。最後らへんの、が家出して、また戻ってきて母親と向き合う展開は、ちょっとありきたりな感じも受けたかな。でも王道パターンだから良いではないですか。

 昨日は冷静さを欠いていたので、2回目には色々なものが見えてきました。全編通して、気になることは・・・

・カット数が多い。性急なテンポでカットが割られ、映画の語りの速度もかなり速い。
・場面転換時に音のズリ上げを多用している。
・全ての場面で音楽が鳴っている。ミュージックビデオを観ているかのようだ。
・家に幼年期の写真が多数飾ってある。エレン・ペイジは愛情過多に育てられたのかもね。・・・

 基本的に、私は長回しのスタイル(イン・リャン、ジャ・ジャンクー、黒沢清、アンゲロプロス、etc)の映画を好む傾向にあります。カット割りの多い映画はちょっと苦手かも、という性分です。
 ところが『ローラーガールズ・ダイアリー』に限っては、カット数が多いことに対して、観ていて気持よく感じられました。スケートの疾走とともに、映画全体が走っている感じがするので、この速度が丁度良いのかもしれません。

-----------------------------------
 『ローラーガールズ・ダイアリー』は『カリフォルニア・ドールズ』にも比肩すべき映画だ、とか言って持ち上げようと思っていましたが・・・、やっぱ違うか。映画全体に、ペッキンパーの香りが漂っているように思えてなりません。当方の思い過ごしかもしれませんが。
 ローラガールズの女達がソースやらクリームなどの食べ物をぶつけ合ってじゃれあう場面などは、『戦争のはらわた』で、将校達が野菜をぶつけあってじゃれあう場面に重なって見えてしまうのです。さらにラストクレジットの前にNG集みたいな場面があって、主要な劇中人物の横顔が連なります。『ワイルドバンチ』のラストクレジットの前に、懐かしむような感じでウィリアム・ホールデンやアーネスト・ボーグナインが出てくるのと、似たような手触りを感じました。
roller4 敵役のジュリエット・ルイス率いる”ホーリー・ローラーズ”の衣装が星条旗を思わせるデザインなのに対し、エレン・ペイジの方のチームの”スカウツ”は緑色を基調にした地味な衣装です。ジュリエット・ルイスの衣装の方が映画のヒロインが着るのに相応しいデザインのように思えます。”スカウツ”の衣装は濃い緑色した、より戦闘的なデザインであり、アーミースタイルの軍服、といった趣です。
 ヘルメットを被る彼女達の姿が、兵士の姿を連想させます。『戦争のはらわた』において、戦いを共にする兵士達が、そのまま『ローラーガールズ・ダイアリー』で女性に置き換わっているような感じを受ける。”スカウツ”の面々は、チームメイトというよりは、戦友として互いを認め合っている感じです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/07/04 15:41 】 | アメリカ映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『ローラーガールズ・ダイアリー』1回目
roller7月3日(土)、OSミント神戸に『ローラーガールズ・ダイアリー』を観に行く。
朝9時30分からの一回限りの上映だ。観客はわずかに7人であった。
 映画は傑作だった!!!私はさめざめと泣いた。見事な出来栄えだった。この映画、本当にドリュー・バリモアが監督したの?とさえ思えてくるほどだ。
 ソフィア・コッポラよりも、ゾエ・カサベティスよりも、近年のどのアメリカ女性映画監督よりも、ドリュー・バリモア監督の方が面白かった。(『ハートロッカー』(キャスリン・ビグロー監督)などは観に行く気力も湧いてこなかった。すまん。)

 私の今年の洋画ベストワンはこれで決まりです。もうこれでいいです。おおさかシネマフェスティバルの洋画ベストテンの投票用紙の第一位の欄に『ローラーガールズ・ダイアリー』と鉛筆で力強く書いてやりますとも。

-----------------------------------
 『ローラーガールズ・ダイアリー』は青春映画です。青春映画に欠かせないアイテムとして、プール(相米慎二のように)が出てきたりします。でも、青春映画に最も欠かせないアイテムは乗り物です。『藍色夏恋』の自転車、『汚れた血』のバイク、『出発』のスポーツカーの疾走がそれぞれ忘れ難いですが、ローラースケートという手段が残されていたとは!

 初めてスケート靴を履いて、エレン・ペイジが道路を走る場面なんか、ホント素晴らしい。

 ストーリー自体は、エレン・ペイジ演じる17歳の女の子が、”ローラーゲーム”というスポーツなのか見世物なのか、よ~わからん競技に熱中し、思わぬ才能を発揮して自分を発見し、母親と衝突したり、かっこいぃ若者と結ばれたり、親友の女の子と仲たがいをしたり仲直りしたり、チームメイトと固い友情をはぐくんだり・・・、とまぁ割とありきたりな青春映画の基本パターンをなぞっていて、特に目新しくはないです。

 映画の冒頭、コンテストの控室で、化粧に励む女達の背後にカメラがスーッと近づいてゆく導入部。コンテストの壇上に青く髪を染めたが現れて、会場が一瞬にして凍りつく、という演出の見事さ。

 『ローラーガールズ・ダイアリー』の演出の的確さは、何なんでしょう。
 ポンポン話が進んでゆくストーリーテリングのノリの良さ、上手さ。この場面を撮るのに必要なショットの長さはこの程度が最適で、カメラポジションはこの位置がふさわしい、という感じで映画の基本ができていて、観る者をグイグイ引きこむ。

 ドリュー・バリモア監督のどこにこんな資質が潜んでいたのでしょうか。ドリュー・バリモアって、『チャーリーズ・エンジェル』のあの長女役のネェちゃんでしょ?う~ん、人間、見かけでは分からんものだ。
映画学校で学んだわけでもなく、大学で映画を研究していたわけでもなく、女優業と少々のプロデューサー業をやっていた人が、こういう映画を撮るのだから、痛快だ。
ドリュー・バリモアって75年生まれか。僕より一歳年下ですか。参ったな。

 よっぽど優秀な脚本家か撮影監督がバリモア監督をサポートしたのかな、と考えながら観ておりました。が、ドリュー・バリモアさんは『ET』などで若い頃からキャリアを積み始めて、30年近く映画と関わってきており、彼女は映画の取り方を体で覚えていったのではなかろうか。映画の文法が身体に染みついて抜けない、と考える方が自然ではないかと思いました。

-----------------------------------
 時代設定がどうもあやふやに思える。webサイトを検索することにより、エレン・ペイジが彼氏の浮気を察知したり、父親が娘の活躍を知ったりするのは、誠に現代的と言えましょう。
 ですが携帯電話が出てこないし、携帯メールも出てこない。彼氏に電話するのも公衆電話だ(小銭を入れるガチャリという音が印象的だ。)
 ・・・何なのだろう、この映画全体に漂う時代錯誤感は。ラストの役者紹介的な場面で、役者の顔が劇画タッチの絵になるところなどは、『ワイルドバンチ』を思わせる。
 どうも70~80年台への憧憬のようなものが画面から感じられる。ドリュー・バリモアが考える映画の面白さの基準は、あの時代の映画にあるに違いない。
実に頼もしいではないか。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/07/03 21:02 】 | アメリカ映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
『拳銃魔』
 「ハリウッド映画史講義」(蓮實重彦著)で『拳銃魔』(ジョセフ・H・ルイス)が紹介されていたのを読んでから、この映画が頭の片隅でずっと気になっていた。たまたま観る機会があったのだが、これが傑作であった。うーむ、低予算早撮りでここまで出来てしまうのか。男と女と自動車、そして拳銃というアイテムが揃うだけで、十分に活劇映画になる。S・フラーやR・オルドリッチのB級映画のように素晴らしい。
 それはそうと『拳銃魔』は自動車の使い方を見ているだけでワクワクしてしまう。カメラを自動車の内部において、運転席と助手席の2人の姿ごしに、どんどん風景が流れてゆく。
 事務所の金庫に男女が押し入って金を強奪した後、非常ベルが鳴り2人は逃げ出す。いち早く先に男が事務所を飛び出し階段を駆け下りる。男が扉を勢いよく開けて外に出るが、彼の後に続いてきた女に扉がビターンとぶつかる。このあたりの早撮りゆえの生々しさが妙にリアルで素晴らしいのだな。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

【2007/05/04 23:15 】 | アメリカ映画 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
『デジャブ』
dejabu.jpg 女がきびすを返して離岸寸前の船にぴよーんと飛び乗る場面に、うぉっと身を乗り出してしまった。カーアクションも爆発もばっちり決まる。特に冒頭の爆発場面が凄まじい。体に火のついた人が海に投げ出されるという絵が撮れるだけでハリウッドは凄いと改めて思う。『ガメラⅢ』の渋谷での爆発場面も凄かった、と思い起こされる。その爆破後の被害地の惨状は、昨今のテロ事件の生々しさを思い出さずにいられない。
 普通、タイムトラベルものだと時制の矛盾とか、原因と結果の不一致とかが気になるものだが、トニー・スコットは女性の救出劇の一点にドラマを運ぶ。細かい矛盾は一切気にならない。
 さすがトニー・スコット、凄い、と思ったのは海岸沿いの爆弾犯の男の隠れ家で、デンゼル・ワシントンが同僚の死体を発見する場面。海中の狭苦しい場所に閉じ込められた仲間をデンゼル・ワシントンの主観で上から撮った後、カットが変わって海側からカメラで捉えられたロングショットが素晴らしい。あの引き絵が撮れるかどうかで映画の価値が決まる、とさえ思う。
 しかし最新の科学技術と莫大な電力を費やしてやることが、女部屋の覗き見とは(@_@;;)。爆弾犯そっちのけで、皆が画面に食い入る。デンゼル・ワシントンも女に魅入られる。彼の活躍ぶりは、何百人もの犠牲者を救うという使命感というより、彼女を救い出したいという個人的な欲求に突き動かされているように思えてならないのだ。

テーマ:デジャヴ - ジャンル:映画

【2007/04/08 23:20 】 | アメリカ映画 | コメント(1) | トラックバック(5) | page top↑
『トランスアメリカ』
trans.jpg 良く出来たアメリカ映画。こういうのがあるから、やっぱりアメリカ映画は良いな、と思う。母親を演じるフェリシティ・ハフマンと息子を演じるケヴィン・セガーズが素晴らしい。
 女性が男性に性転換する話かと思っていたらそうではなく、女性が母親になれるかどうか、という映画であった。映画の前半は親子のロードムービーだが、後半は家族映画へシフトしてゆき、が家族の一員に収まることが出来るかどうか、というもう一つの主題が浮上する。
 家族が物語に介入するに従って映画がコミカル味を帯びてくる。ユダヤ系の家族の姉に「ジーク・ヘイル」と言わせてしまう面白さ。不良少年と思っていた男が自分の息子と知ったとたんに手のひらを180°返す祖母が俄然面白い。
 ラストで親子は、血縁関係に裏打ちされた強い絆が生まれるでもなく、家族の一員としての自覚が強まるでもなく、親密な友人程度の関係に収まり、二人はそれぞれの道を行く。それで良いと思う。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

【2006/11/25 21:31 】 | アメリカ映画 | コメント(2) | トラックバック(4) | page top↑
『レディ・イン・ザ・ウォーター』
water なにやら宗教めいた匂いを感じなくもない『レディ・イン・ザ・ウォーター』だが、ハリウッドでお金をかけてミニマルな物語を作るシャマランの主義は健在だ。
 人物が会話するときも単純な切り替えしをすれば良いんじゃないですか、その場面はそんなにたっぷりと間をおく必要があるのかな、という気もしてくるが、そこはそれシャマランの作家性がそうさせるのだろう。でもシャマランの映画でいつも思うのだが、スローモーションはイマイチかな。韓国のポン・ジュノのスローモーションは見事に決まるものだが。
続きを読む >>

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2006/10/15 23:01 】 | アメリカ映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『MI:Ⅲ』
MI:Ⅲ イラク戦争への暗喩があると聞いていた。確かにトム・クルーズのチームはスパイ集団とは言いがたく、国家のために動く傭兵部隊に近いものがある。悪の一味が大量化学兵器を中東国に売り渡し、どうやらそれを口実に米国が侵攻せんとするという水面下の陰謀を、トム・クルーズ達が阻止するという筋書きなのだが、そのやりとりはセリフで簡単に片付けられるので、大した驚きはない。
続きを読む >>

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2006/08/16 00:07 】 | アメリカ映画 | コメント(0) | トラックバック(1) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。