スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』
tumetai.jpg
 先日、『ヒーロー・ネバーダイ』の感想を書いたので、ジョニー・トゥ監督の最新作『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』についても、忘れないうちに書いておきます。
 この映画を観た時、シネ・リーブル梅田の観客の年齢層は非常に高く、若者の姿があまり見当たらない状況でした。往年の香港映画ファンはどこに行ったのか?
 ジョニー・トゥ映画のように男くさい映画は、女性客が集まりにくいのかもしれません。やっぱ金城武やルイス・クーやアンディ・ラウが出演していないと、女性客は集まらないのだろうか?

 それはさておき『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』では、芸術の域に達したジョニー・トゥ美学が炸裂していて、ほぅ~っと唸りながら画面に魅入りました。
 月夜の闇に紛れた銃撃戦が素晴らしい。闇夜の中で、月光が殺し屋どもの姿を映し出して、銃撃戦が始る。枯葉をまるで雨のように見立てて、飛び散らせる場面はホントに凄いです。
 建物の非常階段を利用した、立体的な銃撃戦の空間処理などは、お見事です。その銃撃戦の傍らの表通りでは、普通に通行人が行き来しているというギャップもまた凄い。ここで雨が降るのですが、匿名性を帯びた通行人が刺している傘は、全て黒色で統一されている。ここまで様式美を統一するか、と思いました。
 ラストでフランシス・コステロが敵ボス(サイモン・ヤム)を追い詰める場面では、昼間から夜にいきなり変わった!

奇跡の逆転劇は起こらず

 しかし素晴らしいと思う反面、ジョニー・トゥ監督の様式美へのこだわりが、かえって映画の躍動感を奪っているような気も(贅沢なはなしですが)。アンソニー・ウォンやラム・シュやラム・カートンとの男同士の友情物語は素晴らしい。しかし、どうも中盤からラストにかけて、今までみられたジョニー・トゥ映画ならでは、の盛り上がりが弱いように思える。ココロオドルような展開にならないのは何故でしょうか。

 ジョニー・トゥ監督の映画を観るとき、私が興奮するのは、追い詰められた男たちが”奇跡の逆転勝利”を収めるときです。『ブレイキング・ニューズ』で、どうみても脱出不可能な状況に追い詰められたリッチー・レンが建物を爆破して屋外に逃げる。『柔道龍虎房』で落ちぶれた柔道家のルイス・クーが鍛え直してレオン・カーファイに勝利する。『ヒーロー・ネバーダイ』で下半身を失ったラウ・チンワンが拳銃を乱射してボスを撃ち殺す。・・・というように、ジョニー・トゥ映画の人物たちは、不可能と思われるようなことを最後にやってのけます。

 『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』ではゴミの投棄場所にて、凄まじい銃撃戦が行われます。サイモン・ヤムに追い詰められる3人の男たち。この状況からどうやって、奇跡の逆転劇に持ち込むのかと思いきや、そうはなりません。フランシス・コステロが復讐劇の後を引き継ぐことになりますが・・・、フランシス・コステロの追い詰められ方がどうも弱いように思えるのです。

 もっと彼が追い詰められないと、ラストの復讐劇が盛り上がらないのです。
彼の頭の中には戦時中に銃弾が撃ち込まれていて、復讐すべき相手の顔どころか、復讐の動機さえも忘れてしまうという。そんな設定要るか?、と思いました。復讐達成時のカタルシスを敢えて外すかのような作劇です。う~ん、ちょっとひねり過ぎじゃないでしょうか、と思いました。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/07/02 22:29 】 | 香港映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『ヒーロー・ネバー・ダイ ~真心英雄~』
hero.jpg 知人からビデオを借りていた、ジョニー・トゥ監督作の『ヒーロー・ネバー・ダイ ~真心英雄~』を鑑賞する。

 中盤までは、ヤクザ同志の抗争と、敵でありながら互い認め合う男たち(レオン・ライとラウ・チンワン)のドラマが展開される。よくある映画のパターンで、 私は余裕を持って観ていた。

 ところが、撃ち合いの場面が終わり(例によって暗闇での銃撃戦だ)、入院生活が始ってから抜群に面白くなってくる。下半身を切断したがクレーンで吊るされて船に乗せられる場面は、観ていてゾクゾクした。
全身包帯でグルグル巻きの女が出てくる場面の、カットの呼吸とか絶妙です。
ラストの銃撃戦でガラスの破片の飛び散り方が芸術的に美しい。

 肌ツヤが良く、目も輝いてて、外見上どうみても生きているように見える男(ラウ・チンワン)の顔面に、ハエを留らせるだけのことで、「これは死体です」、と納得させる演出力が凄い。以前、映画侠区で東京に行ったときに、山田宏一さんが仰っていたのは、この映画のことだったのか。

 あっぱれ、恐るべき映画だった。私がジョニー・トゥ監督の映画をリアルタイムで観始めたのは、『ブレイキング・ニュース』からです。かなり遅かったです。
 『ヒーロー・ネバーダイ』のような映画を、私は何故90年代に観てこなかったのだろう?香港映画は王家衛とかをもっぱら観ていましたね。惜しいことをしたものです。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2010/06/30 23:15 】 | 香港映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
B級シネマフォーラム 第5回上映会
 去る12月3日、B級シネマフォーラムという集まりでカンフー映画を観ました。
miracle2
miracle1
 その昔私が子供の頃テレビでたまに放映されていたカンフー映画を思い出してみると、ジャッキー・チェンやブルー・スリーが主だったと思うが、総じていかがわしさに満ちていたように思う。しかし最近のカンフーは『マトリックス』みたいにCGを駆使したり、或いははチャン・イーモーの『HERO』みたいにスタイリッシュな装いが施されたりもするので、物足りんと思っていた。匂い立つようないかがわしさが足りんのだ。
 カンフー映画のいかがわしさは観る者を幸せな気分に導く、ということを知ったのは、サニー千葉主演の『逆転!殺人拳』を映画館の中で大勢の観客と笑い、身悶えしながら観たときだった。
 さて今回観た3本の映画は、いずれ劣らぬいかがわしさとバカ笑いに満ちていた。映画にカンフー映画というジャンルが存在していて良かったと思う。
続きを読む >>
【2006/12/10 00:45 】 | 香港映画 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
『ブレイキング・ニュース』 ジョニー・トウ
braking 冒頭7分間にわたる長回しが凄い。長回しと言ってもアンゲロプロス的な重厚なやつではなく、『ロープ』(A・ヒッチコック)系の目まぐるしいやつですね。なんでまた銃撃戦をワンシーンワンカットで撮ろうと決めたのか知らないけれど、文句無く凄い。誰か一人でも役者がアクションをミスったら、或いはスタッフが弾着のタイミングをミスったら、全てがパーではないか。なんだか運動会のような慌しい長回しだ。香港映画の人たちは凄い共同作業にチャレンジする。
続きを読む >>

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2006/01/16 11:14 】 | 香港映画 | コメント(0) | トラックバック(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。